営業マンって、実は意外と稼げるんです。


by xfwtm241vv

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 皇太子さまは23日、奈良市内のホテルで開かれた第一次大極殿(だいごくでん)完成記念祝賀会に出席した。約450人が集まって完成を祝った。

 皇太子さまは出席者らと懇談し、平城遷都1300年記念事業のテーマソング「ムジカ」を作曲した谷村新司さんに「どんなふうに(曲が)できたのですか」などと声をかけた。

 また、皇太子さまは唐招提寺を訪れ、国宝の鑑真和上坐像などの説明を受けた。その後、京都を経て新幹線で帰京した。

新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
世論調査 自民が民主を逆転 参院選投票先で(産経新聞)
「政策不一致」の数合わせ 舛添新党の暗い船出(J-CASTニュース)
6月13日にはやぶさ帰還=豪州砂漠でカプセル回収−宇宙機構(時事通信)
<出資法違反容疑>いづみや総本社元社長逮捕 愛知県警(毎日新聞)
[PR]
by xfwtm241vv | 2010-04-27 22:11
【ふるさと便り】

 陶磁器や仏具などで組み立てた島根県出雲市の無形民俗文化財「一式飾(いっしきかざり)」を紹介する平田一式飾ほんまち展示館(同市平田町)に、電車では国内最古級の一畑電車「デハニ50形」をモチーフにした一式飾「BATADEN(バタデン)」がお目見えし、人気を呼んでいる。

 BATADENは高さ3メートル、長さ3・5メートル、幅1メートルの2両編成。塗り物約300点を針金を使って巧みに組み合わせ、車体には朱塗りの角盆、車輪には黒の丸盆、ヘッドライトには角樽(つにだる)、パンタグラフには盆提灯(ちょうちん)の脚を用いている。

 5月29日から全国上映される映画「RAILWAYS(レイルウエイズ)〜49歳で電車の運転士になった男の物語」にちなんで、一式飾保存会(田中久雄会長、約300人)が企画。映画は平田町出身の錦織良成監督が制作し、島根県を舞台に引退したデハニ50形が登場することから、「一畑電車は平田の宝。封切り前にPRしよう」と、保存会の加納英雄技術部長ら6人が10日間がかりで仕上げた。

 会員らは「映画は伝統技の一式飾を全国に知ってもらえる好機でもあり、上映期間は展示したい」と話している。

【関連記事】
ゲゲゲの町おこし!鬼太郎に「特別住民票」
3万体が大集合 徳島・勝浦で「ビッグひな祭り」開幕
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」
今は書家…あの探偵!ナイト越前屋俵太、ユニークな町おこし
「カレーうどん100年」プロジェクト発足

ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ(産経新聞)
鳩山首相、「5月決着」伝達=普天間で米大統領に(時事通信)
菅家さん、選挙権10年ぶり復活(産経新聞)
大丈夫? 運動も勉強も「何もしない」高校生多数(産経新聞)
<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
[PR]
by xfwtm241vv | 2010-04-23 07:33
 20〜30代で発症する神経難病「若年性パーキンソン病」が起きる原因を、東京都臨床医学総合研究所の田中啓二所長代行と松田憲之研究員らが突き止めた。二つの遺伝子が働かず、細胞内の小器官「ミトコンドリア」の不良品が蓄積することで発症している可能性が高いという。19日付の米科学誌ジャーナル・オブ・セル・バイオロジーに発表した。【永山悦子】

 国内のパーキンソン病の患者は約15万人。大半は高齢になって発症するが、若くして発症する若年性パーキンソン病もある。研究チームは、若年性パーキンソン病の特徴を持つマウスから採取した細胞と、正常マウスで遺伝子などの働きを比較した。

 その結果、正常マウスでは、ミトコンドリアに異常が起きると2種類の遺伝子が関連して働き、異常ミトコンドリアが分解されることが分かった。しかし、病気マウスの細胞では遺伝子が働かず、異常ミトコンドリアが細胞内に蓄積した。

 これらの2遺伝子が異常になると、若年性パーキンソン病が起きることが知られているが、具体的な働きは分かっていなかった。

 高齢患者の発症と若年性は症状が似ているため、発症原因には共通性があると考えられている。松田さんは「二つの遺伝子が、ミトコンドリアの品質管理に不可欠であることが分かった。この発見がパーキンソン病全般の新たな治療法につながってほしい」と話す。

【関連ニュース】
細菌:日本人の腸内に「海藻好き」…仏研究チーム発見
クラゲ展示:ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる
脂肪燃焼ホルモン:運動と同様の効果 東大チームが検証
重度障害者:脳波で意思表示 産総研が開発
クロマグロ:全遺伝情報を初めて解読 日本の研究機関など

手配の男、殺人未遂などで逮捕=殺意は否認−長崎県警(時事通信)
法人減税に前向き=直嶋経産相、内情で講演(時事通信)
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上−福岡(時事通信)
猿人に近い種が祖先か=インドネシアの小柄な古人類−豪大教授が新説・国立科博(時事通信)
<チリ大地震>中部沿岸部で津波4時間以上 早大調査で確認(毎日新聞)
[PR]
by xfwtm241vv | 2010-04-20 16:11
 全国自治体病院協議会(全自病)の邉見公雄会長は4月8日の記者会見で、4月から原則義務化されたレセプト(診療報酬明細書)並みの明細書の無料発行について、「一番の問題はがんの告知。決まるまではあまり賛成ではなかった」としながらも、「決まったことは守る。それが中医協(中央社会保険医療協議会)の権威を高める」と述べた。その上で、医療行為ごとの点数が患者に分かるようになるなど透明性が高まることから、「医療が良い方向にいくのでは」との期待感を示した。

 また、豊田清一副会長は、「(医師と患者の)コミュニケーションがしっかり取れて、同じ土俵で治療ができるようになるかもしれない」と語った。

 その一方で邉見会長は、レセプト並みの明細書を発行しても、患者には分かりにくいと指摘。「発行する以上は、もう少し分かりやすい体系にしなければいけない」との認識を示した。さらに、「悪性腫瘍管理料」を例に挙げ、「『悪性』と書いたら、絶対に(病名を)告知しなければいけなくなる。(明細書の発行が)患者の不利益にならないよう、努力しなければいけない」と述べた。
 これについて中島豊爾副会長は、「明細書から『悪性』を消して、『腫瘍管理料』として発行している病院がある」と紹介した。しかし、これは厚生労働省の指導に反しているため、「判断が非常に難しい。これから議論になるのでは」とも述べた。


【関連記事】
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大を了承
医療費の明細書、病名告知との関係に懸念
来年度改定、厚労省・佐藤医療課長に聞く
明細書、窓口対応と入金機の併用は「非常に微妙」―厚労省
明細書、「正当な理由」あっても求めあれば発行−電子請求義務化の医療機関

鳥取市長に自公推薦の竹内氏が3選 民・社推薦、共産支持の新人破る(産経新聞)
コンビニ商品にカッター刃=4店連続か−警視庁(時事通信)
東京消防庁職員を逮捕=酒に酔って駅員暴行容疑−警視庁(時事通信)
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕(産経新聞)
B型肝炎訴訟 原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
[PR]
by xfwtm241vv | 2010-04-14 14:34
 4日午後6時5分ごろ、長野県塩尻市贄川(にえかわ)の国道19号で、同県木曽町方面に向かっていた男性運転の滋賀ナンバーの大型貨物自動車が、対向してきた大型貨物自動車と普通乗用車、さらに男性が運転する岐阜ナンバーの大型貨物自動車の計3台に衝突する事故があった。

 県警塩尻署によると、木曽町に向かっていた貨物車が中央線を越え、対向車線に入ったらしい。この貨物車を運転していた男性と、対向車の最後尾の貨物車を運転していた男性の計2人が死亡した。同署で2人の身元や事故原因を調べている。【渡辺諒】

【関連ニュース】
事故:側壁に激突、4人車外へ 全員助かる 熊本・高速道
交通事故:トラック横転し道路ふさぐ 15キロ渋滞 兵庫
シー・シェパード:日本側の対応批判 元船長起訴の方針に
死傷事故裁判:刑猶予に異例の控訴…被害者陳情、実を結ぶ
酒気帯び運転:中2男子生徒を逮捕 原付きバイク2人乗り

期限切れワクチン、確認せず接種=中高生4人に−千葉・袖ケ浦(時事通信)
学校医不在で市長と医師会長が会談―山梨・上野原(医療介護CBニュース)
邦人死刑「日中関係に悪影響も」=外相が中国大使に懸念伝達(時事通信)
闇サイトに「ネットハンター」=潜入捜査、違法行為を摘発−専従班設置へ・警視庁(時事通信)
きらやか銀と取引=放火の67歳男、動機黙秘−山形県警(時事通信)
[PR]
by xfwtm241vv | 2010-04-09 03:03
 鳩山由紀夫首相は30日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、3月中に決めるとしてきた移設先の政府案に関し、「1日、2日、数日ずれることが何も大きな話ではなく、大事なことは5月にしっかりとした案を(沖縄や米国に)理解してもらうことだ」と述べ、4月にずれ込むとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。3月中の政府案決定を実現できなくなったため、正当化を図った形だ。

 首相は今月4日、「当然、3月中には政府の考え方をまとめなければいけない」と記者団に語り、自ら政府案を一本化する期限を設定していた。しかし、29日に「今月中じゃなきゃならないと、法的に決まっているわけじゃない」と前言を翻した。ところが、この発言の評判が悪かったので、苦しい“言い訳”をせざるを得なくなった。

 一方、平野博文官房長官は30日の記者会見で「5月末までに政府決定ができるかが本質論であり、ぶれているわけではない」と、首相を擁護した。その上で、米国のゲーツ国防長官やクリントン国務長官と会談した岡田克也外相の報告を待って判断するとの見通しを示した。

社民、国民新両党がホワイトビーチ沖案に反対 普天間移設問題(産経新聞)
政令市・相模原スタート、全国19番目…神奈川(読売新聞)
コンピュータ将棋ソフトが棋士に挑戦状 米長会長「いい度胸だ」(産経新聞)
<普天間移設>「検討状況を説明」外相、米国防長官と会談(毎日新聞)
普天間、首相は公約違反=共産委員長(時事通信)
[PR]
by xfwtm241vv | 2010-04-06 01:53
 厚生労働省が3月26日に発表した「平成20年度介護予防事業(地域支援事業)の実施状況に関する調査結果」によると、将来的に介護の必要がある可能性を判定する「基本チェックリスト」の実施者は869万4702人で、高齢者人口全体の30.7%だった。厚労省老人保健課では、「要介護となる恐れのある虚弱な状態にある高齢者を十分に把握できているとは言えない。自治体によっては実施方法が十分ではなかったり、高齢者が介護予防の必要性を認識していなかったりする傾向にあることが要因ではないか」としている。

 基本チェックリストの実施者のうち、近い将来に介護が必要になる恐れがある「特定高齢者」の候補者は217万8952人、新たに特定高齢者とされたのは69万450人だった。2008年度における特定高齢者は、2年前の6.7倍の105万2195人となった。

 全国の自治体が、要支援・要介護状態に陥らないように通所型あるいは訪問型で提供する「介護予防特定高齢者施策」の利用者は、2年前の約2.5倍の12万8253人になったが、それでも利用率は高齢者人口の0.5%にとどまっている。特定高齢者施策の利用者の経過については、「改善」が42.4%、「維持」が36.0%としている。


【関連記事】
介護予防モデル事例をヒアリング−東京都の推進会議
介護予防マニュアルを改訂−厚労省
要介護認定非該当者を特定高齢者の候補者に―厚労省
介護予防事業「聞いたことがない」6割近く

<自民党>鳩山邦夫氏の離党届を受理…処分は見送り(毎日新聞)
関東北部で震度3(時事通信)
「誰でも作家に」出版不況乗り越え、山梨ふるさと文庫200冊(産経新聞)
原口総務相「個別の案件は答えられない」 小林議員進退で(産経新聞)
生方氏「小沢氏は何らかの形で責任を」(産経新聞)
[PR]
by xfwtm241vv | 2010-04-01 06:34